着物

きものをほどく話です

中古できものを買うと、どうしても手入れがからんできます。汚れがあったり、寸法が合わなかったり。
そのまま着られればいうことはないのですが、そうでなくても生地が良ければ手をかける価値は十分あるので、
なるべく安く手に入れて、すこしお金をかけて手入れすることにしています。

 

先日、オークションで大島紬を手に入れました。横段のちょっと大胆な柄ですが、生地はよさそう。しみが
2か所くらいあるとのことでしたが、しみ抜きがかなわずとも、仕立て直しで隠せる場所。そんなに高く
なかったので、購入することにしました。

 

届いてみると、表地は十分仕立て直しに堪えうるしっかりした生地です。これなら、洗い張りしてしみ抜き
しても大丈夫。そのまま着るにはちょっと裄が足りず、裏地は大分弱っているようなので、ほどいて洗い張りに
出すことにしました。

 

ほどくのも頼めばやってもらえますが、多少お金もかかるし、自分でやればきものの構造もわかるので
ほどくのは自分でやります。
リッパーと鋏を使ってちまちまとほどいていくのですが、これが楽しいんです。もともと細かい作業が
好きなので苦にはならないですし、解き切って全部布地にしたときの達成感と言ったら(笑)。
解きながら、これはきものに仕立て直そうか、羽織か道中着でも作ろうか、なんて繰り回し方を考えるもの
楽しいのです。今回の大島は柄が大きいので、きものもいいけど防水加工して雨コートにするのもいいかな、
なんて思っています。
大島で雨コートだなんて、中古の反物ならではの贅沢ですよね。新品で誂える甲斐性は、私にはないなあ。